病院にカンヅメ

 現在35歳、職歴13年の女性看護師です。看護系短期大学を卒業後すぐに看護師として働き始めました。就職してから5年ほどした時、一度働く病院を変えているので、今回は以前勤めていた病院のことについてご紹介します。

 

 以前勤めていた病院では勤め始めてからすぐに、ああ、これでは出会いは期待できないな、と思いました。というのも、その病院では精神科病棟を除いてほとんど男性看護師がおらず、私が勤めていた病棟でも男性看護師は一人もいなかったのです。しかも、病院内での検体の運搬や患者の食事の搬送などは、「看護助手」と呼ばれる看護師免許を持たないパート職員の方が全てこなしてくれていました。つまり、勤務中は一日中病棟内にカンヅメ状態になり、他病棟や他部署との交流がなく、出会いのきっかけは見込めない、ということです。

 

 一日のうち病棟から出るわずかな機会といえば、昼食のとき食堂に出かけるくらいのものです。それでも、昼食は午前・午後に分かれ、病棟内の看護師の半分ずつが交互にとるので、いつものメンツであることに変わりません。看護師仲間の女子会などでも、このあまりの出会いのなさはたびたび話題になりました。

 

 たまに仲間内で看護師の誰々が結婚したという話になっても、ほとんどすべてのケースで病院外の方との結婚です。そういう話になると、やっぱりこの病院にいる限りは結婚できない・・・という話題になり、まるで負のループのようでした。

 

 実際、50歳代以上の看護師になると既婚者も多いのですが、やはり医療関係者ではない一般人の方との結婚が大部分です。結局、激務のわりに賃金が安かったことなどから、その病院は就職後5年ほどして退職してしまいましたが、5年間の勤務のうち、彼氏ができたことはおろか、男性といい雰囲気になったこともありませんでした。

 

 また、同僚の看護師たちについても同様で、浮いた話はほとんど聞いた覚えがありません。当時は私も20歳代後半で、短大時代の友人たちから結婚の報告が増えてきた時期でもありましたから、私としても結婚願望が増してきた時期でもありました。

 

 ちなみに、医師との出会いがありそうに思われるかもしれませんが、医師と結婚したという看護師は少なくともこの病院では全く聞きませんでした。最近では男性看護師も増えてきているとはいえ、やはりまだまだ看護師の職場は女性社会です。私もこれまで二つの病院しか勤務したことはありませんが、どの病院でもそれほど状況は大きく変わらないと思いますので、女性看護師の方で結婚願望のある方は婚活なども必要になってくると思います。

 

関連ページ

看護師歴5年、周囲に恋愛対象がいない
出会いの多いイメージが、実は真逆
仕事と勉強、夜勤で出会いの無い25歳
仕事と勉強、夜勤で生活のリズムはバラバラ。職場に男性看護師は1人もおらず、出会いのない毎日です。
看護師には時間が無い
職場の出会いが無い、看護師歴5年のバツイチ